純手打ちうどん 山とも
かけうどん
ひやあつ(中)

大将が細麺が好きだそうでかなり細めのうどんです。現在はこの時よりさらに細くなっています。あの御大、宮武一郎氏の指導のダシと合わせてますます進化してくれるでしょう。これからも若き大将の進化が楽しみですね。

ちょこっとレポ(15.07.13)
またもや名店で修行した若き大将が独立してオープンしたお店です。あの名店「やまうちうどん」で修行したリアル(笑)に若き20代前半の大将です。事前情報ではかなりの細麺だということで興味がわきますね〜。私、キレンジャーは個人的には太目の剛麺が好きなのですが、楽しみです。しかもこれまた事前情報ではかけダシの味の指導はあの総帥宮武一郎氏だそうです。「やまうち」の麺と「宮武」のダシとはこりゃあ王道ですね。楽しみ楽しみ。

まずは、普段はあまり食べない冷やあつでいただいてみます。できたちで提供されるので待ち時間がある場合がほとんどですので時間は余裕を見たほうがいいようです。天ぷらも抜かりなく藤原屋のゲソ天もあります。これははずせません。レジでやさしく声をかけてくれるのは大将のお母さんだそうです。そのお母さんが腕を振るう「たこめし」も人気で早く行かないと売り切れるそうです。この時もお昼前でしたがすでに売り切れでした・・・(涙)。

さっそくいただきます。確かに細い麺ですね。冷やあつで一度締められているのでなかなかいい腰が出ていて、ガツンと来るわけではない昆布ベースのやさしいかけダシと合わさってするする食べられます。これは年配の方にも受け入れやすくていい感じです。しょうゆうどんもテーブルの味の素がうれしいですね。子供のころは家に帰ってうどん玉があるとおやつ代わりに味の素としょうゆだけのうどんを食べていた記憶がよみがえります。藤原屋のゲソ天も厚い衣が間違いないです。

後日、念願の「たこめし」とあつあつのかけうどんをいただきましたが麺がより細くなっていました。あつあつだと少しエッジが緩みますね。バランス的には冷やあつのほうがいいかな?でも美味しくいただきましたよ。これからも若き大将の進化が楽しみなお店です。

お店の外観、「山とも」です
シンプルなメニュー、例の天ぷらも
テーブル席はこんな感じ
座敷席もあります

MAP(詳しくは地図をクリック)

お店のデータ
住  所
丸亀市土器町東9−194
電話番号
080−1992−3716
営業時間
9:00〜14:00(麺なくなり次第終了)
定休日
日曜日
店タイプ
セルフ(先払い)
駐車場
約10台
ホームページ
なし
更新日
15年12月更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
丸亀市内にあの超有名店、やまうちうどんで修行した若き大将がオープンしたお店です。丸亀で宮武系のうどんが食べられると人気上昇中です。藤原屋のゲソ天もありますよ!大将のお母さんの「たこめし」も評判です。うどんは「大」は3玉なのでご注意くださいね。

主なメニュー
かけうどん(小) 1玉 
230円
しょうゆうどん(小) 1玉
230円
かけうどん(中) 2玉
330円
しょうゆうどん(中) 2玉
330円
かけうどん(大) 3玉
430円
しょうゆうどん(大) 3玉
430円
ゲソ天・とり天
130円
たこめし
200円

しょうゆうどん(中) しょうゆはこれくらい、味の素もかけると子ども時代に戻ります
藤原屋のゲソ天もはずせません このコンビがいいですね
とり天もうまい! 定番のちくわ天も!
人気のたこめしはお早めに カウンター席もあります