讃岐の香り 石川うどん
冷かけ(小)

平日限定のお得な「かご天かやく」ですが、かけうどんは「あつあつ」「ひやあつ」「冷かけ」から選べるそうです。やや細めの麺とイリコベースながら丁寧なやさしい味のかけ出汁がマッチしています。写真には写ってないけどつけてくれている「すだち」を入れてみるとまた味が変わりますよ。

ちょこっとレポ(12/03/20)
今回のお店は09年の6月にオープンしてじわじわとファンを増やしてきたお店です。今回は管理人補欠のトギンに変わりまして、「相方のキレンジャー」がレポします。このホームページでも掲載していたセルフのうどん屋さん、「飛ざる」の跡にオープンしました。正直僕は、オープン当初は今どきこだわりがあるといっても、一般店でかけうどん(ここではかやくうどん)で1玉で320円てどうなの?お客さんがつくのかな?と思っていました。でも大将がホームページやらブログやらを始めて読ませてもらっているうちに、これは食べに行かんといかんと思い行ってきました。
お店に入るとまず入り口で迎えてくれるのは大将こだわりの野菜。このときは「かぼちゃ」がどーんと鎮座しておられました(笑)。店内は間接照明ってやつ?いい雰囲気です。大将は県立高等技術学校の「さぬきうどん科」を卒業後、すぐにはうどん屋をオープンせずに八百屋さんで野菜の勉強をしたそうです。だからここの天ぷらに使われている野菜は生産者もわかっている国産の安心で美味しい旬の野菜ばかりだそうです。
お店の一押しは天ぷらうどん。日替わりで大将のお勧めの野菜や海産物の天ぷらが8種類とデザート、かやく(かけ)うどんで790円。もちろん天ぷらは揚げたて。めっちゃお得ですやん。カウンターの上に張り出されているのがその日の天ぷらのお品書きです。いろんな野菜があるもんです。「インカの目覚め」ってじゃがいもなのにサツマイモのような甘さがあります。「恵比寿南京」もほくほくで自然な甘さが光ります。添えられた「抹茶塩」もいい仕事してます。
うどんの上にのっけて食べる天ぷらもいいけどこれはぜひ上品に味わいたい天ぷらですよ、奥さん(某ブロガーさん風)。(^_^;)
この日のデザートは宇多津町の「くぼさんのとうふ」の「とろりおぼろ」。豆腐なのにデザートなんてと思いながらそのまま食べてみるとほのかな甘ささえ感じるまさに体にやさしいスイーツそのもの。
え?うどん?そうだ、これはうどん屋さんの紹介ですもんね(笑)。おいしかったです、終わり。・・・うそ、うそ、もちろんうどんも手抜きなしです。ダシには伊吹のイリコを始めこだわりの厳選素材に、当然化学調味料は一切使わない安心のお味。イリコバリバリというわけではないので県外の方にも広く好まれるやさしい味に仕上がってます。うどんそのものも小麦の香りと甘みを出すために「朝練り」にこだわっているそうです。中太でしっかりした、まさに腰のあるうどんです。1玉は約320gで普通のお店の1.5玉分はありますのでご注意ください。
さらに、お昼時はだめなんですが、平日のオープンから11時45分までと、13時15分から閉店時間まではちくわ天の無料サービスがあります。この日もちょっと早めだったので、もちろん無料のちくわ天もつけてもらってもう大満足。
美味しそうだけど、ちょっとお値段的にきついなあと思われる方もご安心を。平日のお昼どきなら天ぷらの種類がちょっと減るのとデザートはないものの、素材は同じ野菜の天ぷら付の「かご天かやく」なら530円、「かご天ぶっかけ」でも630円で食べられます。大将及びお店のスタッフの方々、正直すまんかった。めちゃめちゃ良心的なお店やないですか。もう全力でお勧めします。
さらに冬季は金曜の夜は「打ち込みうどん専門店」としても営業しているそうです。これもいいですね〜。でも次は僕としては「つけカレーうどん」を食べないことにはキレンジャーの名が廃るので食べに行きます(笑)。

新しいお店の外観
看板に説明が。禁煙です。
カウンター席から仕事ぶりを
個室風のテーブル席が3組

MAP(詳しくは地図をクリック)


お店のデータ
住  所
丸亀市福島町54-8
電話番号
0877−21−7767
営業時間
11:00〜15:00
18:00〜22:00(金・土曜日は夜も営業)
定休日
火曜日
店タイプ
一般店
駐車場
なし(丸亀市営駅前地下駐車場は1時間無料)
ホームページ
大将のBLOG こちらから
更新日

2016年4月HPリンク更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)

備  考
14年6月より丸亀市に移転してリニューアルオープンされました。駐車場がないので、丸亀駅地下駐車場なら最初の1時間は無料です。路上駐車はだめですよ。
大将がいろいろなこだわりを持って始めたお店です。一般店なので待ち時間もかかるし、お値段も少し高めではありますが、十分満足できるお店です。すべてのメニューにおいて化学調味料を排除した安心を一番に考えているそうですので、アレルギーを持つお子さんにも安心です。

ちょこっとレポ(14/06/27)
ご無沙汰しております、「トギンの相方のキレンジャー」です。Twitterであるフォロアーさんから、「石川うどんさんが丸亀市に移転」という情報をいただきまして、確認に行ってきました。すでにうどんブロガーさんが行かれているので事前に場所をチェック。駐車場がないということで周辺情報を集めてみると、目の前に市営福島駐車場はあるのですがこちらは30分100円で有料ですので、同じ市営でも丸亀駅前地下駐車場なら最初の一時間は無料なのでそちらに停めていざ突撃!
丸亀駅の北側に出てやや東に向かいます。立体の福島駐車場が見える方角に進めばそのすぐ西側、釣具屋さんの隣です。
国分寺時代のオレンジの看板が見えます。表には説明が書かれた看板がいくつか。定休日が火曜日で固定されたのと、冬場だけだった夜の営業が土・日になったんですね。さらに全面禁煙になったようですので喫煙者の方はご注意くださいね。もとは割烹居酒屋だったようでこじんまりとしていますが落ち着いた雰囲気です。カウンター席と個室風に間仕切りされたテーブル席が3組です。店内はやや暗めですが落ち着きますね。これはこれでいい感じだと思います。

お値段は以前と変わってないようですね。平日なのでお得な「かご天かやく」で選べる中から「冷かけ」をお願いしました。うどんも天ぷらも注文してからなのでのんびり待ちます。以前と変わらずたっぷりの天ぷらと小でも十分な玉の大きな冷かけが目の前に。きれいな細めの麺と上に載った三つ葉が涼しげです。スダチもついています。さっそくいただくと、天ぷらも揚げたてで野菜の素材がよく生きてます。タコも弾力があったおいしかったです。うどんもイリコベースながらガツンと主張するわけでもなくやさしい味で細めの滑らかな麺とよくあっています。かけうどんにスダチを入れるのは初めてだったんですが、途中から入れてみるとなかなかいい仕事をします。これはこのやさしい味の出汁だからこそでしょうね、なかなかいい経験をしました。美味しくいただいてご馳走様でした。メニューは絞られていて、かけ、ぶっかけ、釜上げなどの定番以外は肉ぶっかけと肉汁うどんくらいです。
夜営業は細麺での営業と書かれてあるのでさらに細いんでしょうね。少しお値段は高めになりますが、天ぷらとセットになるそうです。瓶ビールと天ぷらのセットもあるそうですよ。丸亀駅周辺でお泊りの方、締めのうどんにお勧めですね。

主なメニュー
かけうどん(小) 
320円
かご天かやく(平日)
530円
ぶっかけうどん(小)
420円
かご天ぶっかけ(平日)
630円
天ぷらうどん(小)
790円
肉ぶっかけ(小)
500円
天ぷらぶっかけ(小)
890円
肉汁うどん(小)
650円

かご天の天ぷら 平日限定のかご天かやく

国分寺はこんな感じでした 国分寺の入り口付近の野菜
天ぷらうどんのデザート、この日は「久保さんのとろりおぼろ」 天ぷらうどんのかけ(かやく)うどん、これでも1玉です
大将のこだわり野菜の天ぷら 平日限定のお得な、かごぶっかけ
おでんもみそも自家製です 「島田さんのこんにゃく」のおでん