つるいち
肉ぶっかけ

すき焼き風の牛肉が載ったぶっかけうどん。全体的に甘めに仕上がっております。

ちょこっとレポ(05.02.19)
まだ胃の中でかき揚げが踊りまくっとるけど、本日2軒目はここ”つるいち”です。
前回の”榮吉”から車で数分。あっという間に到着して、店内に入ると、ありゃりゃ(このリアクションはまちごてるかも・・・)喫茶店みたい。テーブルも椅子も壁、床ともに普通の喫茶店みたいです(店内写真参照)。でも、でもですよ!これはうどん屋やろ〜って箇所が一つ。そうです、座敷席はしっかりありました。これ、讃岐のうどん屋さんでは必須ですよね。では、注文ねぇ〜。ここは普通のセルフ店。カウンター上のメニュー表みたら、おおぉ〜いっぱいなんか書いてますね。基本的には”温メニュー”と”冷メニュー”に分かれてまして、”温”の方にはたぬきうどんっちゅうのがあります。たぬきって天カスいれてるやつよねぇ〜。セルフのお店でこれがあるのはめずらし〜。って”冷”の方に冷しうどんが。あたりまえじゃぁ〜〜!!って思いながらも肉ぶっかけの温を注文。待ってる間に、いっぱい書いてあるメニュー表を撮ってたら、横で店員のおばちゃんがピースしてました。いや、メニューしか撮らんのやけど・・・。しゃ〜ないのでついでに撮ってあげたらよろこんどったわ。で、ピースおばちゃんにお代を渡して席につこうとしたら「ダシいれてねぇ〜」って。あ、そういやまだダシが入ってないみたい。周りをキョロキョロ見回してもそれらしいものが見あたらない。するとおばちゃんがこれって指さした先に!!ポポポポ、ポットやないの〜!おもいっきり電気ポットです。上のボタン押したらダシがじょぼじょぼ〜って・・・。ま、味は何でかけようが同じなんでしょうけどね。で、席に着きいただきますぅ〜。ずずずぅぅぅ〜〜・・・や、やっぱりか〜!!何がやっぱりかっちゅうと、うどんの写真みてわかると思います。上にのってるお肉ね。もろすき焼き風なんですわ。で、お味も当然すき焼きですがな。ただし、大根おろしとキザミ海苔あたりがかろうじてぶっかけの面影を残してます(汗)。すき焼き好きやきに(プププ)OKってことで・・・・。
ん?う、うわぁぁぁぁーーー!!!!
えらいもん見つけてしもたー!。ポスターや。え、誰のって?それは!あの、あのーー!知る人ぞ知る「渡辺要」やないの!しかもサイン入りや。え、知らん?かぁー(>_<)このお方を知らずして、讃岐うどんは語れんぞー!あの、あのーー!(もうええか)”讃岐うどんの旅”挿入歌「讃岐の女(ひと)」を歌っておられるれるお方やないのぉ〜!!カップリング曲”手酌酒”もよろしく!
はぁ〜いやいやええもん見せてもろたわ。直筆のサインまで見ちゃった♪。このサインはレアやで。見たい人は是非つるいちに行って下さい。・・・・・っと
こ、こんだけ書いたらええやろ(-。-;)。で、渡辺要さんって誰?知ってる人おる?

MAP(詳しくは地図をクリック)

お店のデータ
住  所
高松市鶴市町2036−1
電話番号
087−881−7117
営業時間
11:00〜15:00
定休日
日・月曜日・祝日(月曜の祝日は営業の場合有)
店タイプ
注文し、うどんをもらい精算後席につき食べる
駐車場
約8台
ホームページ
ホームページはこちら
更新日
2016年3月ホームページ追加、価格、営業時間、定休日など変更の更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
とにかくメニューがいっぱい!

主なメニュー
かけうどん  
200円
ぶっかけうどん 
260円
わかめうどん 
280円
牛肉ぶっかけうどん 
430円
釜あげうどん
270円
山かけうどん 
350円
ざるうどん 
240円
釜玉肉うどん 
470円

喫茶店風な店内。 天ぷらも豊富です。