名もないうどん屋 H26年1/31(金)閉店
釜玉ジロー
(1玉)
いかにも濃い感じの高知のブランド卵「土佐ジロー」の黄身がうどんの上でまん丸に微笑んでます。この日はついさっき届いたばかりだそうです。混ぜ混ぜして食べると、それほど味に敏感じゃない僕でも卵が濃厚な感じがします。これなら1.5玉でも十分なくらい卵が主張してきます。ちょっと高級卵ですが一回は食べてみたらいいかも。
ちょこっとレポ(12.03.27)
またまた移転した名もないうどん屋です(笑)。移転してもその名に恥じない(?)、相変わらずどこにも店名も映画「UDON」の白バイ隊員さんの教えのような煙突もありません。あるのはどう見ても工事現場の現場事務所です(女将さん、ごめんなさい)。
この店舗になって最初に食べに行ったときには僕が案外あっさり入ってきたので女将さんにがっかりされました(笑)。営業時間に関してはあまりシビアではないので駐車場の入り口の黄色い回転灯が回っていたら入ってみてください。話好きの女将さんのキャラと共に(笑)、美味しいうどんを楽しんでください。
さて、はじめての方向けに、簡単にご紹介しておくと、入ると正面にあるメニューを見て注文します。基本、お客さんの顔を見てから湯で始めますので巡礼の場合は時間は十分とっておいてくださいね。てんぷらも一緒に注文すればうどんの出来上がりに合わせて揚げてくれます。うどんが茹で上がったら呼んでくれますので受け取って、醤油ならその場でもかけられるし、テーブルにもしょうゆは用意されてますのでそれでもOK。常連さんだとマイ醤油を持ってこられる方もいらっしゃいます。うどんを受け取るところから振り向くと後ろに温かいかけだしとぶっかけ用のつけ
だしは別に用意されていますのでそこで自分でかけます。薬味もその辺に用意されてます。つめたいダシが欲しい場合は女将さんに言えば出してくれます。わからないことがあれば、とりあえず女将さんに相談すればいろいろ教えてくれますのでご安心を。何しろ常連さんになると湯で時間を17分とか13分とか分単位で決めているそうです。最初行った時は何の呪文かと思いました(笑)。もし麺の硬さなどに好みがあるなら女将さんに相談してみればいいですよ。

と、長い前振りはこの辺にしといてと。今回も相方のキレンジャーがレポをお届けします。今回は新メニューに追加された「土佐ジロー三兄弟」のうちの「釜玉ジロー」を食べてみたくて行ってきました。高知のブランド卵だそうで、普通の卵に比べるとより味が濃厚なのだそうです。13時半くらいと遅めの時間だったのですが、ちょうどその直前に「土佐ジロー卵」が着いたそうで、まさかの最高のコンディション!軽くテンションがあがります。僕は常連さんじゃないので(笑)、特に湯で時間は指定なしです。いっしょにサツマイモの天ぷらを注文しました。で女将さんと他のお客さんの軽快なトークを聞きながら待ってるとできあがりました、「釜玉ジロー」!黄身がまん丸でしっかりした感じの土佐ジローさんがのってます。とりあえず、軽く醤油をかけて混ぜ混ぜしていただきま〜す!うん、これは卵の味が濃厚です。控えめに入れた醤油が負けてます。ちょっと醤油を追加してずず〜っとあっという間に完食。サツマイモのてんぷらも揚げたてホクホクでこちらも瞬殺でごちそうさま!
次はこれも新メニューの黒うどんが気になります。女将さん、また食べに行きますね!

新店舗の外観、現場事務所にしか(笑)
入り口付近、ええ、看板もありません(笑)
駐車場はしっかりあります
メニュー、てんぷらも揚げてくれます
席数も増えました

MAP:カーナビでもそこそこ近くまで行けるので、あとは写真を頼りにどうぞ(笑)


お店のデータ
住  所
高松市西山崎町694番7
電話番号
秘密らしぃ〜です^^;
営業時間
11:00〜14:00(麺なくなり次第終了)
定休日
不定休
店タイプ
セルフ店(後払い)
駐車場
10台
ホームページ
うどんも買えるお店のHP こちらから
更新日
14年3月、閉店の為更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
残念ながら女将さんが交通事故にあわれて、その後遺症で一度完全静養のためにお店を閉められたそうです。
いつか復活してくれるのを望んで待ちましょう。女将さん、とりあえず、ゆっくり休んでくださいね。

主なメニュー
しょうゆ(1玉)
160円
冷玉(1玉)
210円
しょうゆ(1玉半)
220円
釜玉(1玉) 
210円
しょうゆ(2玉)
280円
釜玉ジロー(1玉)
310円
ぶっかけ(1玉)
160円
天ぷら各種 
90円

まぜまぜ後の釜玉ジロー(1玉)、見た目も濃いでしょ? これは前のお店のおいしいうどんの釜玉(1.5玉)

次の旧店舗の外観 入り口付近もこんな感じでした

初訪問の頃の旧店舗

店内はカウンター席のみ! み、みえないか〜(ToT)

ちょこっとレポ(04.05.04)
香川町にある”名もないうどん屋”です。
って言ってもほんとに名前が無いわけではありません^^;・・・が、看板もなにもないので、これでいい〜んですっ!ここは、恐るべきさぬきうどんに掲載された超有名店です。ですので、うどん巡りの方達がかなり来ます。
私が訪れたのが朝の9時半すぎ。紹介本には10時となってたんですが、お店を覗くと女将が”いいよぉ〜”って言ってくれました。”何にするの?”ときかれたのでとりあえず、かけうどんを注文すると、かたいの?やわらかいの?って。そうなんです!ここは麺のかたさを指定できるんですね。私はコシの強いのが好きなので、かたいのを注文すると、今度は”中?大?”って。そっかそっかとメニューボードをみると・・・なになに中は1.5玉、大は2.5玉とな。ほんじゃまぁ〜と(中)を注文。女将が”7・8分まってねぇ〜”。おっ、これは出来立てが食べれるね〜。でもでも、なんで(小)がないんやろ?不思議に思い女将に”なんで(小)がないの?”ってきくと、”うどん巡りの人が100円の(小)しか食べないから儲からんのやぁ〜”だって(汗)。どうも話を聞いてると、一見さんが2・3人できて100円の(小)を一杯しか注文せんから地元の人がお昼食べれないそうなんだって^^;(いやほんと私も胸が痛む)しかも、普通5分くらいで食べるのに15分も20分も居座るので困っているらしいです。いやはやこれも胸が痛いぃぃぃ〜!!一応客だからなにもいえないしねぇ〜。皆さんうどん巡りをする時はマナーだけは守りましょう。そんな話をあれこれしてるうちに、でてまいりました私のうどんちゃん(^^♪見た目は普通のうどんですね。ではでは、ずるるるるぅ〜おっ、おおぉぉぉ〜かったぁ〜!むちゃくちゃかたいやんか!普通コシがあるってのは芯がガシッっとしてるもんですが、この麺は表面からガシッとしてます^^;おおぉ〜これがかたい麺か。たしかに噛み応え120%だねぇ〜。ちょっと、あごが疲れたかな?(かなりおおげさ(汗))帰り際に女将が実は○月○日にオープン4周年記念でうどん料金全てタダ!をやるから来てねって言われました。でも、絶対ホームページには載せたらだめだよだって。毎日きてくれる地元の人が食べられなくなるからって理由みたいです。地元の方達をとっても大事にしているお店でした。
うぉぉぉぉ〜!4周年記念日が言いたいぜぇ〜でも教えないよん(笑)