三好うどん(2015.06.02移転オープン!)
ぶっかけうどん(冷・中)

麺は相変わらず私好みの太めのしっかりタイプ。冷で食べたのでこしもばっちり。大将のていねいで気合の入った麺が楽しめました。

ちょこっとレポ(15/06/02)
暑くなってきましたね〜、トギンの相方キレンジャーです。今回は同市三野町から休業を経て移転オープンした「三好うどん」さんに、オープン当日にお邪魔してきました。実は私、オープン当日に伺ったりするのは初めてなんです。
もともとこの場所は「だいくや」さんといううどんやさんがあったところで、私も以前そのお店に行ったこともありました。今回の移転先もあまり広い道沿いとかを選ばなかったのは「三好うどん」さんらしいなぁと思いました。
11時過ぎくらいに到着するともうすでに店外まで行列ができていました。この移転したお店は水と食器の返却のみはセルフの「セミセルフ店」になりましたが、注文は取りに来てくれますので回転はそれほど良いわけではありませんのである程度想像していましたが、出足は上々のようです。運よく少し待っただけで席につけました。天気もいいのでぶっかけの冷たい中(2玉)とちくわの天ぷらをお願いしました。うどんのサイズは中2玉、大3玉、特大4玉となっています。それぞれ1玉ごとに100円アップだそうです。てんぷらもほぼ同じようですね。前店舗と同じくてんぷらは注文してから揚げてくれます。少し待ってやってきたうどんを見て安心。太目のしっかりタイプで私好みの麺も健在、揚げたてのちくわ天もばっちり、美味しかったです。どんぶりやお皿、店内のメニューもこれまた変わらず手作りでどれもかわいいです。あったかい雰囲気は新店舗でも変わりませんね。
まだオープン初日でバタバタした感じはありますが、年配のお客さんや家族連れのお客さんも続々つめかけていました。大将ご夫婦の人柄がすっかり浸透しているんですね。
どうしてもお客さんの回転は上がらないので時間の余裕を見てのんびりと楽しんでくださいね。あと、道路の幅は狭いので三野や詫間方面とつながっている県道35号線のため池近くからの方が行きやすいと思います。比地小学校や幼稚園側からだと鋭角に曲がらないといけないところがありますので要注意です。「だいくや」さんの時にはガードレールに目印があったのですが、今は無かったので入る所が少しわかりにくいかもしれませんのでご注意ください。

新しいお店の外観
道路より少し下にあります
看板と暖簾も相変わらず手作りです
カウンターもできました
水と返却はセルフです
駐車場は広くなりました

MAP(詳しくは地図をクリック)


お店のデータ
住  所
三豊市高瀬町比地1583−1
電話番号
0090−1000−7908
営業時間
10:00〜14:00
定休日
月曜日
店タイプ
一般店(水と食器の返却のみセルフです)
駐車場
約30台
ホームページ
お店のFacebookページ こちらから
更新日
15年06月、移転オープンのため情報他更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
2015年6月2日より高瀬町比地の「だいくや」さんがあった場所に移転オープンしました。
まだお若い大将ご夫婦のお店です。お二人とも大阪芸大のご出身だそうで、かわいいどんぶりや小物も手作りの物も多いそうです。地元三豊市のイベントにも参加されているそうですので休業予定も含めてFacebookページなどで情報をチェック!

主なメニュー
かけうどん(小) 
250円
わかめうどん(小)
300円
しょうゆうどん(小)
200円
ざるうどん(小)
300円
ぶっかけうどん(小)
300円
釜玉うどん(小)
300円
釜揚げうどん(小)
300円
天ぶら
100円

かけうどん(中)  揚げたてちくわ天もうまい!
揚げたて熱々のゲソ天 手作りどんぶりもかわいい


旧店舗の外観  旧店舗の看板など
旧店舗の店内 旧店舗の駐車場
今は出てない「かすうどん」 つぶらな瞳で見つめられても(笑)

ちょこっとレポ(13/02/05)
今回はまたもや西讃のお店のご紹介です。こちらはあの有名な「鳥坂まんじゅう」のある鳥坂峠から三豊市詫間方面に進み、旧道に入り込んだところにひっそりとたたずむお店です。格子戸のある古民家を改装したなかなか雰囲気のあるお店。暖簾といい、店名といい、これまたカフェのようないい感じのお店です。入り口の上の店名からして手作りのやさしい感じの文字です。
早速店内に入ってみると、これまた手作り感満載のお品書きとまだお若い女将さんの笑顔がお出迎えです。あ、このお品書き紙じゃなくて刺繍ですね。この格子戸から入ってくる光もやさしくて落ち着きます。さて、まずは、いつものようにかけうどんからスタートですね。てんぷらは注文してから上げてくれるそうです。まずはちくわ天を注文します。
しばらくしてかけうどんが登場!ん?どんぶりまでかわいいじゃないですか!でもでてきたうどんはエッジの効いたしっかりした太目の麺です。これは私好みの期待感がますます上がります。まずは出汁からずず〜っと。うん、イリコは効いているもののそれほどガツンと主張はしていない、ある意味西讃っぽいすっきりとしたやさしい味です。うどんも若き大将が真面目に手ごね、手練り、足踏みをしたしっかりコシもあるうどんで美味しいです。後で調べてみるとオープンして間もない、平成23年度「さぬきの夢」うどん技能グランプリのゆでうどん部門で香川県農政部長賞を受賞されています。しっかり認められているんですね、納得。
揚げたてのちくわ天ももちろん美味しかったです。
後日食べたぶっかけ(冷)ではさらに麺のコシがより楽しめます。大阪南部の名物「油かす」が載ったこってり系の「かすうどん」もなかなか面白い味です。
地元のお年寄りの方も楽しみに通われているようです。あまりあわてずにのんびり楽しむのが似合うお店ですね。