カマ喜ri
つけうどん(小)

いや〜、オシャレなカフェ風の見かけにだまされてはいけませんね。こんなにしっかりしたうどんが出てきます。付け合せの漬物もいい仕事してます。つけ出しも少し甘めでイリコバリバリじゃないけどどうやらアゴ(トビウオ)のダシも入っているそうでなかなか好評です。

ちょこっとレポ(12/08/21)
今回は久しぶりに西讃のまさに新店です。今年の3月にオープンしてすぐに話題になったお店です。お店の名前「カマ喜ri」からしてまったくうどん家さんらしくないですが、店舗自体がこれまた驚き!高松市のサンポートや北浜の湾岸地域付近にあってもおかしくないオシャレなカフェにしか見えません。外観からしてもそうですが、店内に入ってもまだ「カフェ」です。黒板風のメニューの「かけ」「つけ」「ぶっかけ」と書かれているのを見て安心しました(笑)。だって写真を見てもらえばわかるように、作業台風のテーブルには工具箱、でも中身は「割り箸」や「爪楊枝」、センスのいい調味料入れ、でも入っているのは「七味」や「すりゴマ」ですもの(笑)。早速注文したのは例によって(笑)、「とりちくつけ」です。てんぷらは注文してから揚げてくれるのでちょっと待って登場!「つけ」は他店で言うところのざるうどんなんですが、つけダシが「温」と「冷」が選べます。揚げたてのとり天、ちくわ天と一緒にちょっと細めのつやつやして美味しそうなうどんが出てきました。しかも小なのに結構ボリュームがあります。付け合せの漬物も一緒に載っています。これは本格的に美味しそうなうどんです。
早速いただいてみましょう。かなり麺がずっしりした感じです。うん、これはいい!濃い目のダシとよく絡んで美味しいです。イリコじゃない魚介風の味がします。これがアゴ(トビウオ)のダシも使っているそうだからですね。このつけダシはうわさどおりなかなかいけますよ。とり天とちくわ天も揚げたてサクサクでこれまた美味い!

後日、かけうどんも食べてみましたが、こちらもなかなかしっかりとエッジも残った麺でおいしかったです。僕個人的にはそれほど気にならないのですが、少しかけダシは暖かいからか、ほんのすこし魚くさい感じがしたので好みが分かれるかもしれません。十分美味しいんですけどね。

季節の天ぷらや創作メニューっぽいうどんも限定で出されているのでこれからも楽しみなお店です。もし食後にコーヒーやデザートも出してくれるようになったら、さらに女性に大人気になるでしょうね。これからも期待大なお店です。

お店の外観、うどん屋には見えません
どう見てもオシャレなカフェです(笑)
入り口は南側
入り口さえもオシャレです
店内もご覧のとおりオシャレ
お店の脇を入った奥に駐車場

MAP(詳しくは地図をクリック)


お店のデータ
住  所
観音寺市柞田町46−3
電話番号
0875−24−8288
営業時間
11:00〜15:00(麺なくなり次第終了)
定休日
水曜日
店タイプ
一般店(後払い)
駐車場
約20台
ホームページ
お店のFacebookページ こちらから
更新日
2016年10月、Facebookページにリンク変更など更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
もともとは廃業した電気工事店の社屋をリニューアルして開業されたそうです。一般店ですので注文も取りに来てくれます。女性の方一人でも気軽には入れる明るい雰囲気のお店です。ナビでうまく表示されない場合は「香川西部養護学校」で検索すれば、その道路を挟んだ真向かいですのでたぶん問題なくたどり着けます。

主なメニュー
かけうどん(小) 
270円
とりちくつけ(小)
530円
つけうどん(小)
300円
げそちくつけ(小)
530円
ぶっかけうどん(小)
320円
ちく玉つけ(小)
500円
しょうゆうどん(小)
250円
肉ぶっかけ(小)限定
500円

とりちくつけ(小)  揚げたてのとり天、ちくわ天
げそちくかけ(小) かけ(小) ボリュームあり
げそ天とちくわ天 ぶっかけ(小) 冷のみ
メニューはシンプル、限定も
工具箱の中に割り箸など
七味入れさえもかわいい
ナットで伝票押さえ、凝ってる!