堂尾 残念ながら閉店
うどん
冷たいダシ

セイロからそのまま取ったうどんに冷たいダシをかけていただく、シンプルなうどん。

ちょこっとレポ(04.09.04)
坂出市にある”堂尾”です。
いやぁ〜久々にディープなうどん屋さんです。むちゃくちゃ目立ちません。看板もないです。あるのは、綱の暖簾だけ!外から見ると間口も狭く、何のお店かわからない・・・いや、お店であることすらわからないです^^;(うぅ〜ん、まだこんなお店があったとはっ!)
場所はと言いますと、県道33号線(旧11号線)を高松方面から坂出市内に入り駅前をつっきって宇多津町に入る手前右側に坂出工業高へとまがる交差点があります。そこまで行くとOUT!そのちょこっと手前に左へと曲がる目立たない道があります。角には仕出のまつ幸さんがあります。そこを左折して後はゆっくり右を見ながら進むと、下の写真の建物が出現します。油断してると必ず見落とします。駐車場はないので、路上駐車っす(汗)だから速攻で食べんといかんぞ。  
私、本日うどん巡り2軒目。一軒目は脂ギッシュなうどんだったので、2軒目はさっぱりとしたうどんが食べたかったの。で、ここなわけね(^^♪現地に到着して早速店内へ。おおぉぉ〜久々のディィィッップ!むっちゃ狭いです。席は、入り口入ってすぐのカウンター4席ほどのみ。すぐ後ろが製麺所。入るとすぐに奥からおばあちゃん登場。そうなんです!ここは、このおばあちゃん一人できりもりしてるお店なんです(お年は80歳前なんだって。がんばれぇ〜)。人のよさそうなおばあちゃんが”なんにするんな〜”ってきいてきました。私、うどんの(小)を注文。すると、おばあちゃん”ぬくいん?つめたいん?”って。もちろん、つめたいんって答えると、”かけてまっとき〜”。私、席についてまってたら、すぐ目の前にあるセイロからうどん玉をとりどんぶりへ。そのまま机の上へ置いてくれました。な、何?ここからは自分でするのか?って思ってたら、おばあちゃんが”そこの冷蔵庫にダシがはいっとるから出して入れてな〜”。振り返ると、ちっちゃな冷蔵庫が!開けると・・・ありました(^^♪プラスチックの麦茶入れる容器にダシらしきものが。あと、タッパに刻んだネギと生姜。それを出して、うどんにかけて完成です。
むちゃくちゃシンプルです。まさに、素うどん!!麺は真っ白でぴかぴか光ってます。具は全てむっちゃ冷えてます(汗)なんか、美味そうなんやけどぉ〜〜。早速一口・・・おっ!おおぉぉ〜この麺いける!キュッてよく締まったコシのある麺。ダシもキンキンに冷えてて美味い!するすると喉を通る。冷たさのせいか麺が喉を通って胃に入るのがとてもよくわかる。あっという間に食べちゃいました。この麺はいくらでもいけそうだぞ。
うぅ〜ん、久々に懐かしい麺に出会えた。小学校の頃、土曜のお昼はよくうどん玉に冷たいダシをかけて食べよった。速攻で食べたら宿題もせんと一目散に遊びにいっとったなぁ〜(遠い目)
と、懐かしさに浸るトギンなのでした。

MAP(詳しくは地図をクリック)

お店のデータ
住  所
坂出市白金町3−11−32
電話番号
0877−46−5710
営業時間
10:00〜13:00(麺なくなり次第終了)
定休日
土・日曜日・祝祭日
店タイプ
注文後うどんをもらい席につき食べる。精算は後
駐車場
なし
ホームページ
なし
更新日
02017年7月、閉店確認のため更新
(更新日以降の変更はご了承下さい)
備  考
駐車場がないので速攻で食べましょう^^;

主なメニュー
うどん(小)冷たいダシ 
130円
うどん(小)ぬくいダシ 
130円
天ぷら
80円〜
 

席はカウンターのここだけ 席の後ろが製麺所。ええ雰囲気