パソコンの前の奥様方!
トギンの簡単手打ちうどんクッキングのお時間です♪
とっても簡単、讃岐うどんの作り方を、講師にうどん一筋50年「矢でも鉄砲でも持ってこんかい!」と豪語する讃岐うどんがまぁまぁ好きな近所のおっちゃん(笑)をお招きし、アシスタントにうどん食い歴○○年「うどん打ちはまだチェリーボーイなの(ハート)」の私トギンでお送りしていきます。
これであなたも讃岐うどん店の大将になれる!!(なれるかい!)

とにかく家族で打つと楽しいので一度打ってみてはいかがかと・・・^^;

まず準備♪
今回は1人前120g×6人前の麺を作ります。
・打ち板(60cm×60cmくらいの板)
・麺棒(60cmくらいの長さの棒)
・大き目のボール ・計量カップ
・ビニール袋厚手のもの(踏む時使う)
・小麦粉500g
・食塩 ・水 ・片栗粉
・包丁(家庭用でいいぞ)
塩水を作る
水(225cc)
食塩(25g)
水と食塩をしっかり混ぜます。
この水と食塩の比率は冬場と夏場ではかわります。
水225ccに対し食塩は
冬場(20g程度)
夏場(
30g程度)に調整します。
粉を練るぞ!
ボールに小麦粉500gを入れて先ほど作った塩水を3〜4回に分けて少しづつ混ぜていきます。(柔らかさをみて塩水の量を調整します。全て塩水をいれなくてもよい)混ぜる時は指先を立ててこねるというより混ぜるって感じで。粉がパラパラの状態で固まってきだしたら、丸くこねていきましょう。
だんごじゃぁ〜
ある程度こねては固めてこねては固めてって繰り返していくとこんな状態になります。
目安としては耳たぶくらいの柔らかさになればOKです。
さぁ〜踏むぞぉ〜!!
おっと踏む前に準備ね〜。
厚手のビニールに先ほどのだんごがくっつかないようにうどん粉(打ち粉)をふっておきます。
だんご準備!(笑)
打ち粉をしいた上にだんごをのせて手の平で少し広げます。
ダッシャーーーーーー!!
踏むぞーーーーーーーーーー!!
踏み踏み踏み♪
かかとで中央から外に向けて踏んでいきます。
だんだん丸く広がっていくぞぉ〜。
大きさは直径約45cm〜50cmくらいまで伸ばそう。
もう一度だんごに!
丸く広がったら、もう一度だんご状態にします。この時、ビニールにくっつかないように打ち粉もふります。
3回だんごに!
で、また踏み踏み踏み^^;
かなり疲れますが、がんばって!!
これを3回繰り返します。
だんごを寝かす
3度目に踏み踏みした生地を広げ、打ち粉をしてこの状態で空気が入らないようにビニール袋でしっかり包み3時間程度寝かせます。
おやすみぃ〜(悖)。。。zzzZZ
踏み踏み最終工程!
寝かせた生地をもう一度だんごにして最後の踏み踏みでしっかり伸ばします。で、伸ばした生地をビニール袋でしっかり包みまたもや1時間程寝かせます。
これで、踏み踏みは終了〜〜〜。
はぁ〜ご苦労さまでしたっ!

次はお待ちかねの麺棒登場!!

トップ